小児歯科

  1. ホーム
  2. 小児歯科

子供のころから治療は大切

子供のころから治療は大切

子供の歯の治療で大切なことは「恐怖心を与えない」ということです。少しずつでも出来れば褒めてあげることで恐怖心を乗り越えていきます。無理やり治療を行って、痛みを体験すると次回から歯医者に恐怖心を抱き、通院することを恐れます。お子様の虫歯治療の目的は、歯の治療を恐れない様にすることです。
きっちりとした治療ができる5、6歳までは虫歯が進行しないように予防し、治療を先延ばしにすることが大切です。

守ってあげましょう

守ってあげましょう

子供の歯を美しい歯、虫歯のない歯にしてあげるためには親の対応次第で決まってきます。
赤ちゃんのときからでも、歯の健康管理に気をくばることはとても大切なことです。
赤ちゃんのお口のケアに迷われましたら、どうぞご相談ください。

乳歯の重要性

乳歯の重要性について

乳歯は栄養摂取のためだけの歯ではありません。顎の発育にも関係してきます。また、永久歯が生えて来るのを誘導します。もし乳歯が早く抜けてしまった場合、永久歯が生える場所を確保するために、保隙装置にを行います。