矯正歯科

  1. ホーム
  2. 矯正歯科

矯正歯科で人生を豊かに過ごしましょう

不正咬合には、受け口(反対咬合)、出っ歯(上顎前突然)、八重歯(犬歯低位唇側転位)、乱杭歯(叢生)、など噛み合わせうまくいかない、口が閉じられない、前歯でりんごが噛めないなどがあり、歯並びの悪い人は沢山います。 その他にも、上下の前歯が噛み合っていない開咬症例や前歯に空隙が認められる空隙歯列弓、などがあります。
一般的に矯正治療は成長期のお子さんが対象と思われていますが、大人の矯正治療である成人矯正の患者さんも多くいます。若い成人の患者様から、対象年齢層は老年を問わず、幅広く受診されるようになってきております。
歯周病で長く患ってこられ、噛み合わせが大きく崩壊した患者様や、噛み合わせのずれによりアゴの関節や口腔機能に問題を起こしている患者様など、さまざまなニーズがあり、矯正歯科を受診される患者様は沢山おられます。

子供のころから始める小児矯正とは

小児矯正は、顎の骨のバランス、大きさを整える1期治療(骨格矯正)と、歯の位置を整える2期治療(歯列矯正)からなる2段階治療になります。
1期治療は、顎の骨が柔らかく、これから成長していくお子様だからできる治療のことです。なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
1期治療で顎の骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるので、2期治療の必要ない場合もあります。多くの場合、部分的な歯列矯正で済んでおります。 
すべての歯並びの問題が小児矯正の適応ではありません。永久歯が生えそろってから、治療した方がいい場合もあります。

矯正歯科治療料金表

相談料 無料
精密検査 \30,000
一期治療(混合歯列期) ※子供 \350,000
二期治療(永久歯列期) ※大人 \550,000
一期治療→二期治療変更 差額 \200,000
調整料 \3,000
保定装置料 \30,000
装置料修理料 \15,000
ブラッシング指導料 \1,500

矯正治療開始後の料金の返金はできませんので、ご了承下さい。当院では、クレジットカードがご利用になれます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

悪い歯並びの例

不正咬合(悪い歯並び)にはいろんなタイプがあります。 ここでは代表例をご説明します。 噛み合わせに問題のある人は、これらの症状をいくつか併せ持っていることがほとんどです。不具合の程度や要因は、多種多様で同じタイプの不正咬合は一つとしてありません。日本人の多くの方が歯並びが正常ではないのも事実です。

上顎前突

下顎前突

すきっ歯

叢生

交叉咬合

開咬

治療期間

治療期間については患者様の治療方針、お口の状態によりさまざまです。具体的な治療期間は、その患者様の検査を行い、個別の治療方針を立案してご説明しております。
一般的に矯正装置をつけて治療をする期間のとしましては、お子様の矯正治療で6ヶ月~2、3年ほど掛かります。永久歯列の矯正治療で、約1~3年の期間の範囲内で終える場合がほとんどです。